プロが教える収益物件売却の成功塾 » 【エリア別】不動産投資・収益物件の売却術

【エリア別】不動産投資・収益物件の売却術

地域の特性に応じた収益物件売却のテクニック

一棟アパート・マンションなど、収益物件の売却に際して求められる知識やテクニックについて、こちらではエリアの観点から、それぞれの地域の特徴別に紹介していきます。

出口戦略はエリアや物件の状況から考える

まず前提として、不動産投資の出口戦略、物件の売却において「これが絶対的な正解」と言い切れるような施策は存在しません。空室率や築年数など物件個々の属性、売却を考えるようになったオーナーさんの心理変化や今後のライフプラン、そして全国津々浦々でまったく異なる地域の特性。どれをとっても、まったく同じ物件は存在しないからです。

それでも、こちらで紹介する地域特性に応じた売却事例やテクニックは、ご自身が所有する物件の売却においても参考となる部分もあるかと思います。売却を検討されているの収益物件と照らし合わせながらご確認ください。

【湘南・小田原編】収益物件・不動産投資の売却術

海の近くの居住地・別荘地として、またサーファーや釣り好きの移住地としても人気の高い、湘南~小田原エリアの収益物件事情と売却テクニックについて紹介します。

海の近くに立地する物件ならではのリノベーションを行った結果賃料アップに成功し、売却価格も大幅に上昇させた事例を参考にしながら、地域の特性に応じたリフォームの効果についてご紹介。湘南エリアに関わらず、似た環境の地域に物件を所有する方も必見の内容です。

【一宮編】収益物件・不動産投資の売却術

湘南に続いての海チカエリアとして、千葉県「一宮町」の収益物件事情を深堀します。一宮町は東京オリンピックのサーフィン会場に選ばれている町で、マンションやアパートの建設が進んでいます。

このように、オリンピックが喚起する需要は、地域全体を巻き込んだ変化を生み出します。しかし、オリンピック需要は必ず終わりが来るものであるのも事実です。

一宮町のみならず、不動産投資においてオリンピック前後をどのように考えるべきなのでしょうか。

当サイト監修
富士企画株式会社・株式会社クリスティ代表取締役 新川義忠

富士企画株式会社

新川 義忠_代表取締役

1972年、福岡県生まれ。収益物件の売買や運用を専門に取り扱う不動産会社、富士企画株式会社代表取締役、株式会社クリスティ代表取締役。現在までに3000件以上の物件売買に関わり、テレビ出演などメディアでの露出も多数。著書に『万年赤字物件を驚異の高値で売る方法』(幻冬舎)、『出口から逆算する“プロ”の不動産投資術!』『物件サポート3500人!事例で見る“勝ち組み大家”の法則』(ごま書房新社)。趣味のサーフィンは20年以上。

さらに詳しく見る>>

【富士企画公式HP】
収益物件相談窓口

新川氏の携帯に
直接お問い合わせ

【@surfrider】
新川氏にLINEで相談