プロが教える収益物件売却の成功塾 » これが正解!収益物件・マンションを賢く売却する方法 » 収益物件・マンションの売却相場を知る方法は?

収益物件・マンションの売却相場を知る方法は?

一棟マンションの売却を検討していますが、売却額の設定をどうすべきかがわかりません。どれくらいの価格にすればよいのでしょうか?

収益物件の売却額を決める要素には、「売却事例」と「収益性」があります。売却事例は、売りに出されている似た収益物件と比較をしたり、国土交通省が運用する「土地総合情報システム」を活用することで、取引時期やエリアなどから簡単に検索できますので、相場を知るのに便利です。

売却を検討する際に必ず知っておきたい、売却相場の算出フローについて、当サイト監修の新川氏に見解を伺いました。

まず理解すべきは「売却相場」

収益物件の売却を検討されるにあたり、まず知っていただきたいのが所有されているアパートやマンションの相場価格です。

もちろん、私たち不動産会社も査定を行いますので、お任せいただいても構いません。

しかし、オーナー様が査定額を見た際に、その額が本当に妥当なのかどうか。ある程度の相場を理解しておかないと判断できないですよね。

そういった意味でも、あらかじめ相場を知っておくことは大切ですね。

-- それでは、例えば一棟マンションの売却相場を知るには、どうしたらよいのでしょうか?

一棟マンションのような収益物件の売却額は、建物や土地の評価額だけでなく、そのマンションがどれだけの収益を生むかといった「収益性」も踏まえて算出されます。

まずは「相場はどれくらいか?」を知る方法からご紹介しましょう。

類似する収益物件から概算

いちばん手軽な方法としては、所有されている物件周辺の土地の相場や、売りに出されている似た物件を探すことですね。こちらは不動産情報が掲載されているサイトなどをご覧いただけば、簡単に見つかることもあります。

新築・中古を問わず、物件情報は豊富に見れますので、相場価格をイメージとしてつかみやすいかと思います。

収益物件の査定額は相対的なものなので、こうした類似物件との比較は私たちも査定時の材料にさせていただいています。

国土交通省「土地総合情報システム」で検索

国土交通省が運営する「土地総合情報システム」というサイトがあります。このなかに「不動産取引価格情報検索」というページがあり、実際の不動産取引額を一覧で見られます。

最寄駅やそこからの距離、取引時期、築年数、面積、構造など細かな情報が掲載されていますので、所有する収益物件と類似するものをチョイスして調べれば、ある程度の相場はわかるかと思います。

このサイトは不動産会社でなくても、誰もがアクセスできるものですので、参考までにご覧ください。

利回りの相場も考慮する

収益物件の売却額には、もちろん利回りも深く関係しています。

ここで言うのなら、地域の利回りの相場ですね。

例えば周辺に利回り10%ほどのアパートやマンションが多いエリアであれば、納得のいく売却を成功させるには8%ほどの利回りが必要となってくるのではないでしょうか。

とはいえ、収益物件の価値は利回りだけではありませんからね。築年数や修繕状況など、利回り以外の強みがあれば、利回りが多少落ちていたとしても売却は十分可能です。

ポータルサイトに掲載されている利回り相場は正確?

エリアの利回り相場が掲載されているポータルサイトなどもたまにありますが、それを鵜呑みにするのは危険かもしれません。新築から中古まであらゆる状況の収益物件が混合する中での数字なので、私個人としては、あまり正しいとは思えませんね。

私たちのような投資物件を専門に取り扱う不動産会社であれば、「この地域なら利回りは●%あれば十分」といったように、相場勘は肌で見についております。エリアの利回り相場について、判断に迷った際はご相談ください。

不動産は相対評価!周辺の物件との比較や、専門業者の相場勘が活きる

相場を知るだけなら、類似物件との比較や国土交通省の「土地総合情報システム」を活用することで、ある程度知ることができそうです。

ただ、正確な売却額を設定するなら新川氏が言うように、収益物件の売買取引が豊富な不動産会社に依頼するのが最善策。富士企画では、豊富な取り扱い実績やノウハウから、収益物件の適正価格を設定してくれます。

こうした会社を活用することで、高額売却も期待できるのではないでしょうか。

当サイト監修
富士企画株式会社・株式会社クリスティ代表取締役 新川義忠

富士企画株式会社

新川 義忠_代表取締役

1972年、福岡県生まれ。収益物件の売買や運用を専門に取り扱う不動産会社、富士企画株式会社代表取締役、株式会社クリスティ代表取締役。現在までに3000件以上の物件売買に関わり、テレビ出演などメディアでの露出も多数。著書に『万年赤字物件を驚異の高値で売る方法』(幻冬舎)、『出口から逆算する“プロ”の不動産投資術!』『物件サポート3500人!事例で見る“勝ち組み大家”の法則』(ごま書房新社)。趣味のサーフィンは20年以上。

さらに詳しく見る>>

【富士企画公式HP】
収益物件相談窓口

新川氏の携帯に
直接お問い合わせ

【@surfrider】
新川氏にLINEで相談