プロが教える収益物件売却の成功塾 » これが正解!売却から逆算する収益物件投資術 » 不動産投資の現状を知っておこう! » 不動産投資に失敗する投資家が増えている?

不動産投資に失敗する投資家が増えている?

どんな属性の投資家が失敗しているか

不動産投資に失敗する投資家急増中

失敗は成功の母といいますが、大きなお金が動く不動産投資をするならなるべく、リスクは避けたいものです。しかし、不動産投資にこれが成功というものはありません。どうすれば投資を成功させることができるのか?それを知るために、まずは不動産投資のリスクと失敗してしまう投資家の特徴について押さえておきましょう。失敗について知っておけば、対策を立てることができます。失敗しやすい投資家の属性や失敗の要因について、見てみましょう。

不動産投資に失敗する要因とは

--融資のハードルが上がってるという話もありましたが、不動産投資に失敗する人は増えているのでしょうか?

自己資金もなく融資のみに頼り、不動産投資を行なった高属性の人が失敗しやすくなっています

近年、金融機関の融資のハードルは高くなってきています。しかし、抜け道がないわけではなく色々と操作をして、お金を持っているように装い融資を受ける人も少なくありません。

とくに年収がそこそこある高属性の人はお金を持っている様に見せやすく、自己資金がなくても融資を受けるという人も…。こうして、手にした融資を元に物件を購入しているのです。

しかし、融資のみで自己資金がない状態の不動産投資の場合、不意の出費に耐えることができません。

不動産は買ったら終わりではなく、運営して行く必要があります。運営には当然コストがかかるので、カツカツの資金状況だと、資金繰りが悪化した際に起こるリスクが高くなります。

たとえば、入居者の募集。不動産を購入したなら、住む人がいなければ家賃収入が入ってこないわけです。そこで入居者を募集する必要があります。当然、入居者募集のための費用を不動産会社や管理会社へ支払う必要がでてきますよね。その支払いに充てるお金は融資額で賄えるでしょうか?また、金融機関が不正を知れば、当然取引停止となります。仮に1億円の融資を受けていた場合、「そっくりそのまま返してください」なんてことも少なくありません。

不動産を打ってローンを返すという人もいるでしょうが、極端な話をすると1億円で買った物件でも売却時は5,000万円でしか売れなかった、という事態も起こりえます。そうなると、人によっては自己破産することもあるのです。このようなリスクを加味すると融資だけでなく、ある程度自己資金を確保しておくことが大切だといえます。

法人スキームが流行

なぜ高属性投資家の間で投資の失敗が増えているのか?その要因の1つとして法人スキームというものがあります。1法人に対して1つの金融機関を使い、他の金融機関に対して債務隠しを行なう方法です。例えばA・B・Cの3つの金融機関があります。これらの金融機関は互いの存在をしりません。この3つの金融機関からそれぞれ3億円ずつ借りれば、投資家の債務は9億円になります。しかし、各金融機関から見れば投資家のもつ債務は「3億円」といなされるのです。

このことから理論上、法人を増やして取引できる金融機関を増やしていけば何十億円も借りることができます。

この方法は法律違反ではないのですが、倫理的に問題があるでしょう。実際に法人スキームを使って資産を増やしている投資家もいますが、もし金融機関にこのことが知られた場合、融資を断られる可能性もあります。

成功に導く手伝いをしてくれる不動産仲介会社選びが何より大切

不動産投資に失敗する人は、意外なことに年収の高い高属性の人たちが多くなってきていることが分かりました。おもな失敗の原因としては、金融機関からの融資の打ち切り、ローンの返済が難しくなったなど。

しかし、失敗に至るまでには自己資産を持たずに不動産投資を始めてしまったという、投資家自身の認識の甘さもあるといえます。

不動産投資を成功させるなら、投資家自身が不動産の勉強をすることはもちろん、投資を成功に導く手伝いをしてくれる不動産仲介会社選びが大切。収益物件の選び方や運営の仕方はもちろん、売却する際のベストタイミングについても教えてくれます。投資初心者なら1人でがんばるのではなく、プロの力を借りて賢く投資をしていきましょう。

当サイト監修
富士企画株式会社・株式会社クリスティ代表取締役 新川義忠

富士企画株式会社

新川 義忠_代表取締役

1972年、福岡県生まれ。収益物件の売買や運用を専門に取り扱う不動産会社、富士企画株式会社代表取締役、株式会社クリスティ代表取締役。現在までに3000件以上の物件売買に関わり、テレビ出演などメディアでの露出も多数。著書に『万年赤字物件を驚異の高値で売る方法』(幻冬舎)、『出口から逆算する“プロ”の不動産投資術!』『物件サポート3500人!事例で見る“勝ち組み大家”の法則』(ごま書房新社)。趣味のサーフィンは20年以上。

さらに詳しく見る>>

【富士企画公式HP】
収益物件相談窓口

新川氏の携帯に
直接お問い合わせ

【@surfrider】
新川氏にLINEで相談