プロが教える収益物件売却の成功塾 » これが正解!売却から逆算する収益物件投資術 » 不動産投資の現状を知っておこう! » 不動産投資で儲けるために先入観を捨てよう

不動産投資で儲けるために先入観を捨てよう

投資を始めた人の名には、手堅い物件を購入するなら都心に購入するのが一番だと考えている人も多いでしょう。田舎で買うなんてリスクが高すぎる!と思っている人もいるかもしれません。しかし、不動産投資で儲ける場合、都心・田舎というのはあまり関係ないといえるでしょう。なぜ、都心・田舎に関係なく、不動産投資で儲けることができるのか、その理由について解説します。

新築区分マンションがおすすめできない理由

節税目的で新築区分マンションを購入するのはおすすめしません。不動産投資の側面から見ると、収益がプラスにならない投資はありえないからです。

最近は都心の利回りが下がっており、新築区分マンションも多く建てられていますが、その特性を理解せずに購入している方は多くいます。

しかし、東京で投資用の物件を購入するとなれば金額的に1棟アパートやマンションは難しく、よほどの資産家でなければ購入できないでしょう。そのため、新築区分マンションしか買えないという実情があるのも真実です。

また、不動産投資をするにあたって、儲けるためには地方よりも都内の方が安心だという考えも少なからず投資家の中にはあるでしょう。実際に、「地方は危険!東京は大丈夫」と啓蒙する本が出ているのも事実です。

しかし、投資をする上で絶対に大丈夫というのはなく、ある程度リスクを考えた方がよいでしょう。

東京の投資物件が本当に良い?

東京の投資物件が良いという絶対神話は、初心者投資家に見受けられます。しかし、東京は流行や情報が行渡り、早く廃れるように、物件も流行ってすぐに廃れる…ということも否めません。

少しでも成功の確率を上げるのなら、都心だけでなく田舎に目を向けてみることも大切です。田舎の不動産投資物件を購入するなら、駅から離れているところが理想的です。

静かな場所で暮らしたいという人は多いでしょうから、車で駅までいける…そんな距離にある物件を選んでもいいかもしれません。

なぜなら東京よりも安く購入できるうえに、意外にも利回りがよいからです。

東京は物件が高く、利回りが低いところも多いので、田舎にある物件は意外とねらい目だといえます。

もちろん、都心や田舎に関係なく人が入居者がいなければ意味がありません。

しっかりと入居者を確保できることが、田舎で儲ける物件を購入するうえで必須条件となります。

所有権と借地権の違いは?

田舎や郊外に不動産投資用の物件を購入しようと考えている場合、所有権と借地権にこだわる人もいるでしょう。

所有権とは土地を所有する権利のことで、借地権は土地を所有する人から土地を借りて物件を建てる権利のことです。

権利関係が複雑な土地と言うのは意外と多く、借地権をもって物件を立てる場合、融資が難しくなる可能性があります。しかし、不動産の価格は相場に比べて、かなり安く購入することが可能です。

また、賃貸物件を運営するうえで所有権や借地権は関係ないといえるでしょう。部屋探しをしている人で「借地だから借りたくない」という人はあまりいません。入居者が気にしないのに、物件の所有者が借地権を気にするというのもおかしな話です。

物件を売却する際に、名義の書き換え料がかかるといった、所有権とは異なるルールがありますが、ルールを理解しておけば物件の運営は大変ではないといえるでしょう。

儲けることを重視するなら、幅広い物件探し・物件購入が大切

不動産投資で儲けるために、利益の出る物件を購入したという投資家の心理はわかります。しかし、東京の一等地で買おうと、北関東の田舎で買おうと、そこで儲ける金額に違いはありません。

儲けることを重視するなら、都心の物件にこだわるのではなく、幅広い視野をもって物件を購入することが大切です。また、中古・新築というのにも、あまりこだわる必要はないでしょう。大切なのは、いかに儲ける物件を手に入れるかということです。

儲ける物件を手に入れるなら、自分自身で不動産投資の勉強をすることも大切ですが、不動産投資に強いプロに相談することも大切です。過去の事例や現在のニーズ、未来を見通したうえで、最適な不動産投資の方法を提案してくれるでしょう。

当サイト監修
富士企画株式会社・株式会社クリスティ代表取締役 新川義忠

富士企画株式会社

新川 義忠_代表取締役

1972年、福岡県生まれ。収益物件の売買や運用を専門に取り扱う不動産会社、富士企画株式会社代表取締役、株式会社クリスティ代表取締役。現在までに3000件以上の物件売買に関わり、テレビ出演などメディアでの露出も多数。著書に『万年赤字物件を驚異の高値で売る方法』(幻冬舎)、『出口から逆算する“プロ”の不動産投資術!』『物件サポート3500人!事例で見る“勝ち組み大家”の法則』(ごま書房新社)。趣味のサーフィンは20年以上。

さらに詳しく見る>>

【富士企画公式HP】
収益物件相談窓口

新川氏の携帯に
直接お問い合わせ

【@surfrider】
新川氏にLINEで相談