プロが教える収益物件売却の成功塾 » これが正解!売却から逆算する収益物件投資術 » 収益物件はどんな物件をどう購入する?

収益物件はどんな物件をどう買えば成功する?

収益物件を選ぶポイント・物件購入時の融資戦略とは

どんな物件をどう買えば成功するか?収益物件の投資では、どんな物件をどう購入するかという物件取得が成功の大きなキーになってきます。実は答えは一つだけではありません。では、どこを見て物件を選択するのが良いかその戦略的なポイントを詳しく解説していきます。

情報のインプットは大切、でも勉強し過ぎは混乱のもと

情報過多で迷ってしまうケースもあります。今は様々なセミナーが各地で行われており、新築アパートが良い、とか中古ワンルームマンションが良い、など業者によってアピールしてくる物件の種類が変わってきます。

業者主催や投資家主催など様々な投資術があり、どれが間違いでどれが正解かということはありません。しかしながらなぜそのように迷いが生じてしまうのか、対策方法とともに解説していきます。

不動産投資の物件購入は業者選びが大事

不動産投資用の物件は、不動産会社を通じて購入するのが一般的です。不動産会社は会社ごとに強みや特徴があります。不動産投資を行なうなら、不動産投資を専門としている不動産会社を選ぶのがおすすめです。

不動産投資専門の会社も種類がありますが、自社物件の取り扱いしかない買取再販会社よりも、売主から物件を売るように依頼を受けている売買仲介会社がおすすめです。

物件購入時に手紙をつける効果について

買付の手紙をつける手法」。購入申込書を出すだけでなく、自分の考えを売主に伝える方法として知られています。実際に物件が安くなるかは、買主が書いた手紙の内容や売主の状況で判断されるため、なかなか効果が見えないといえるでしょう。実際のところはどうなのかプロの視点で解説していただきます。

不動産会社の探し方と不動産投資の目的を合わせる

不動産会社を探す方法は、雑誌で店舗を調べる・ポータルサイト・不動産会社のHPをチェックする・誰かから紹介してもらうなどいくつか考えられます。不動産会社と直接話し合い、お互いにすり合わせをしていくことが大切です。

不動産投資で不動産会社から良い物件を紹介してもらうには

いい投資物件を紹介してもらうには、いくつかのポイントがあります。具体的にどういった情報を不動産会社に伝えられると、信頼関係を築けるのでしょうか?プロの視点から解説してもらいます。

不動産投資の成功パターン

成功パターンは投資家さんによって異なります。ネットには不動産投資に成功した方のノウハウが多く紹介されていますが、なかには失敗したケースも。

失敗する方と成功する方ではどんな違いがあるのでしょうか?成功するポイントを解説していきます。

物件選びの判断基準とは

購入する物件を決める判断基準は、投資家自身が自分で「これだ」と定めた基準に沿うのが一番です。不動産投資の方法は1つではありません。会社によって物件も変わってきます。

では物件選びで迷ったときはどうすれば良いのでしょうか?こちらでは物件を選ぶポイントを紹介していきます。

不動産投資の融資を銀行に頼みたい場合

投資家さんのなかには、巨額の融資を経てスピード重視で投資をしている投資家さんが多くいます。「そうあるべきだ」と考えている方も多いようです。

だからといって購入を焦る必要はありません。その理由と融資が受けやすくなるアドバイスをまとめました。

不動産投資で融資を受ける際に自己資金は必要か?

自己資金は、銀行から融資を受ける際の判断材料の1つです。さらに家族構成、年収、勤務先とさまざまな属性が関わってきます。自己資金はどの程度の額を用意するべきなのか。理想の属性とはどのようなものでしょうか。

金融機関から融資を受ける際の疑問点を解説します。

不動産投資で融資を受ける際の返済比率

返済比率は、年収に対する年間返済額の割合を指します。金融機関からの借り入れ条件として設定される比率は、投資家さんによってバラバラです。返済比率の目安とはどの程度なのでしょうか?

平均の目安から、ステージによって変わる返済比率の仕組みまで紹介しています。

不動産投資で融資を受ける際に気になる資産背景

資産背景は、金融機関が投資家さんに融資をするかどうかの判断材料になります。資産は投資家1人だけではなく、配偶者の分の資産を盛っても問題ありません。

融資を受ける際に重要視される資産背景を明示する際のポイントをまとめました。

不動産投資を行う際に法人で融資を受けたい場合

物件を購入するために融資を希望する際、個人ではなく法人として融資を受けようとする投資家さんがいます。

法人で購入するメリットはいくつかありますが、融資を受ける際に気を付けておくべきことはあるのでしょうか?不動産投資を法人として始める際のポイントを紹介していきます。

当サイト監修
富士企画株式会社・株式会社クリスティ代表取締役 新川義忠

富士企画株式会社

新川 義忠_代表取締役

1972年、福岡県生まれ。収益物件の売買や運用を専門に取り扱う不動産会社、富士企画株式会社代表取締役、株式会社クリスティ代表取締役。現在までに3000件以上の物件売買に関わり、テレビ出演などメディアでの露出も多数。著書に『万年赤字物件を驚異の高値で売る方法』(幻冬舎)、『出口から逆算する“プロ”の不動産投資術!』『物件サポート3500人!事例で見る“勝ち組み大家”の法則』(ごま書房新社)。趣味のサーフィンは20年以上。

さらに詳しく見る>>

【富士企画公式HP】
収益物件相談窓口

新川氏の携帯に
直接お問い合わせ

【@surfrider】
新川氏にLINEで相談