プロが教える収益物件売却の成功塾 » これが正解!売却から逆算する収益物件投資術 » 収益物件はどんな物件をどう購入する? » 不動産投資で融資を受ける際に自己資金は必要か?

不動産投資で融資を受ける際に自己資金は必要か?

自己資金はどれくらいあった方が良いのか

不動産投資を始めるうえで気になるのが自己資金の額ではないでしょうか。

物件を購入する際に銀行から融資を受ける投資家さんも多いでしょう。その銀行も、投資家さんの年収、家族構成とさまざまな部分を判断材料にします。その中の一つが自己資金です。

どれくらいの年収、自己資金があれば不動産投資を始められるのでしょうか?始めるためのボーダーや不動産投資に向いている方などを新川氏に監修者の新川氏にうかがいました。

自己資金は銀行から融資を受けるための判断材料

自己資金はある程度用意していたほうが良いのでしょうか?

不動産投資を始める投資家さんには、ある一定の属性が必要です。属性というのは年収や家族構成、勤務先、勤続年数など多岐にわたります。

これらの属性は、銀行から見て融資をしたい、つまり「お金を貸すことができる人かどうか」がわかる判断材料になるのです。

年収はどれぐらいあったほうが良いか

理想の年収は500万円です。年収と貯金は多いに越したことはないでしょう。しかし年収が500万円に達していなくてもあきらめることはありません。夫婦合算、親子間の合算といろいろな方法で年収500万円相当の金額にできます。

「年収300万円だから不動産投資は無理」と不動産投資をすぐにあきらめることはないのです。

貯金はもっておくべきか

年収と同時に、貯金もある程度は持っておくほうが良いです。たまに「自己資金がなくても不動産投資ができる」という話を聞きますが、貯金が全くない方に不動産投資はおすすめできません。たとえ銀行から「融資できますよ」と声がかかっても、です。数百万単位の自己資金を用意できなければ、やめた方が良いです。

それは、資金を融資してもらって物件を購入した後が大変だからです。物件を購入後にリカバリーやメンテナンスが発生する可能性は大いにあります。

仮にマンションを購入したとして、購入後に空き室がでるかもしれません。リフォームが必要な部屋も出てくることでしょう。そんな時にすぐ対応できるほどの資金を持っていなければすばやい対応ができなくなってしまいます。

自己資金はいくらあれば良いか

購入したい物件、年収の金額によって保持しておいた方が良い自己自金額は変わってきます。それこそ200万円よりは300万円、500万円と多く持っておくべきでしょう。自己資金が多いほどいろいろな組み立てができるというメリットもあります。

反対に、自己資金がいくらあっても心配性がすぎる方は不動産投資自体が向いていません。ローンの返済が気になって「一つでも空き室が出てしまったら」と心配でたまらなくなる方は、投資家さんに向いていないので止めておきましょう。

自己資金は多ければ多いほどよいが、少ない場合もいろいろな手が打てる

不動産投資を始めるうえである程度の自己資金は必要ですが、新川氏が考えるボーダーより少ないからといってあきらめることはありません。夫婦間、親子間での合算で自己資金を作り出せます。

物件を購入した後のリカバリーやメンテナンスなどを考えて、自己資金を貯めておくようにしましょう。

当サイト監修
富士企画株式会社・株式会社クリスティ代表取締役 新川義忠

富士企画株式会社

新川 義忠_代表取締役

1972年、福岡県生まれ。収益物件の売買や運用を専門に取り扱う不動産会社、富士企画株式会社代表取締役、株式会社クリスティ代表取締役。現在までに3000件以上の物件売買に関わり、テレビ出演などメディアでの露出も多数。著書に『万年赤字物件を驚異の高値で売る方法』(幻冬舎)、『出口から逆算する“プロ”の不動産投資術!』『物件サポート3500人!事例で見る“勝ち組み大家”の法則』(ごま書房新社)。趣味のサーフィンは20年以上。

さらに詳しく見る>>

【富士企画公式HP】
収益物件相談窓口

新川氏の携帯に
直接お問い合わせ

【@surfrider】
新川氏にLINEで相談